S&C.Laboのビジネスマナー・接遇研修・営業マナー・CS(顧客満足)研修では、印象力を発揮し、相手に好感と信頼感を抱かせるスキルを身に付けます

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 さくら新宿御苑ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求

意識と行動を変え、好感と信頼感を獲得する ビジネスマナー研修

目的

社会人として働いていくことは、決して一人で完結できることはありません。他者とのコミュニケーションを円滑にすることが不可欠で、そのための共通言語ともいえるものが「ビジネスマナー」です。

本研修では、社会人として出発して間もない方々を対象に、ビジネスマナーを身につけることで誰からも信頼され、誇りと自信をもって働けるようになることを目標とします。

対象者

  • ・新入社員や若手社員の方

受講される方・研修担当者様が抱える課題

  • ・会社で働くことの意義や社会との関わり方を知りたい
  • ・会社での「暗黙のルール」を知りたい~社会人の常識って?~
  • ・言葉遣いや敬語に自信がない
  • ・電話応対の基本を少なくとも習得して欲しい
  • ・上司との人間関係を築くにはどうすればいいかわからない

研修のポイント

  • ・社会人としての意識を持ち、仕事に対する責任を自覚できるようになります
  • ・仕事に必要な最低限のビジネス知識やビジネススキルの基本をワークを通して身につけます

研修プログラム例

内容 手法

1.企業で働くこととは

  • 1)企業の目的と存在意義
  • 2)社会人としての心構え
講義

2.ビジネスマナーとは何か

  • 1)ビジネスマナーを身につける目的・必要性
  • 2)第一印象の重要性
講義
演習

3.感じの良い挨拶

  • 1)名刺交換の基本
演習

4.他者と接する際のマナー

  • 1)席次
  • 2)来客応対
  • 3)接待マナー
講義
ワーク

5.ビジネス通信のマナー

  • 1)メールやFAXのマナー
  • 2)メールの注意点
講義

6.言葉遣い・敬語・電話応対

  • 1)社内での敬語と社外での敬語の違い
  • 2)クッション言葉を使いこなすには
  • 3)電話応対のマナー
講義
演習

7.コミュニケーションの重要性を知る

  • 1)コミュニケーションをとる目的や臨む姿勢で変わる結果
演習

8.ビジネス文書や報告、話し方のポイント

  • 1)ビジネス文書の作り方
  • 2)ホウレンソウ
  • 3)メールでのホウレンソウ注意点
  • 4)伝わる話し方(PREP法、SDS法、NLC法)
講義

9.社会人として

  • 1)情報倫理~ネットトラブルに注意~
  • 2)SNSの使い方
講義
ワーク

10.まとめ

  • 1)決意と自覚を持った行動を

※研修はオーダーメイドのため、上記内容を組み合わせていただきオリジナルで作成いたします

「想い」を形にあらわしてお客様をおもてなす 接遇研修

目的

業種を問わず、なぜこれほどまでにより良い接遇が求められているのかを、時代背景から読み解き理解を促します。また「この人とまた会いたい」と思っていただくために必要な心遣いやマインドを、実践トレーニングを繰り返すことで落とし込み体得していきます。深く印象に残る人材、感動を与えられる人材の育成を図ります。

対象者

  • ・すべてのビジネスパーソン
  • ・物販、飲食の店舗にて接客に携わる方
  • ・より洗練された接遇力を求められる方

研修のポイント

  • ・様々な事例紹介、事例検証を通して、実感として接遇の重要性とポイントを体得できるプログラムです

研修プログラム例

内容 手法

1.顧客感動の時代

  • 1)顧客満足から顧客感動へ
  • 2)期待値、実体験の相関性
講義

2.接遇向上が生み出す効果

  • 1)「想い」と「思い」
  • 2)顧客心理を理解した上での相手本位主義
  • 3)「想い」実践トレーニング
講義
演習

3.安心感・信頼感へとつながる瞬間印象

  • 1)相手の心に存在を刻むということ
  • 2)印象管理
  • 3)微差が大差を生む実感ワーク
講義
演習

4.丁寧な温かみのある動作と態度

  • 1)細やかな気配りを感じさせる基本動作
  • 2)プラスのストロークの重要性
  • 3)洞察力、判断力、行動力
講義
演習

5.心が通うコミュニケーション

  • 1)気持ちを解きほぐす声掛け
  • 2)心づかいを伝える
  • 3)傾聴トレーニング
講義
演習

6.組織における接遇力向上

  • 1)組織全体の接遇力向上のポイント
  • 2)事例研究
  • 3)総まとめロールプレイング
講義
演習
ロープレ

7.本日の研修の振り返り

  • 1)まとめ
  • 2)質疑応答
  • 3)アンケート記入
振り返り

基本的な営業マナーと顧客志向の考え方を身に付ける
営業入門(マナー・CS)研修

対象者

  • ・営業部門に配属、または配属予定の新入社員
  • ・新任の営業担当者の方
  • ・営業同行を行う技術・サポート部門の方
  • ・営業マナーやCSマインドの基本を身に付けたい方
    ※新入社員研修や新入社員フォローアップ研修としてもおすすめです

受講される方・研修担当者様が抱える課題

  • ・社外の人とのコミュニケーションが苦手である
  • ・はじめて営業職を経験するため、不安を抱えている
  • ・名刺交換やマナーなど見よう見まねでやってきており、きちんと学んだことがない

研修のポイント

  • ・営業職に最低限必要なスキルをたった1日で身に付けることが可能です
  • ・営業の初心者で、これから先輩や上司の営業同行から始めるという人にも理解しやすい内容です
  • ・営業同行や顧客とのやり取りの機会が多い、営業職以外の方(技術・サポート等)にも適した内容です

研修プログラム例

内容 手法

1.顧客満足を追求する営業マインドを理解する

  • 1)顧客本位の考え方が重要な理由
  • 2)顧客満足を生む提案(課題解決)型営業のポイントを理解する
講義

2.営業職に必要なマナーを習得する

  • 1)表情、あいさつの仕方、身だしなみ、色彩の基本
  • 2)言葉遣い、敬語の使い方、席次について
  • 3)相手の話の聞き方(相手に語らせるための傾聴スキル)
  • 4)お客様訪問時のマナーについて
  • 5)お客様来社時のマナーについて
講義
演習

3.自分の印象力を高める

  • 1)初対面の相手に与える第一印象を磨く
  • 2)相手の印象に残る名刺交換の手法
  • 3)簡潔で効果的な「つかみトーク」を使えるようになる(エレベータピッチ)
  • 4)自己紹介トレーニング(演習)
講義
演習
ロープレ

4.自分の好感と信頼感を高める

  • 1)顧客との心理的な間を詰める雑談の効果を理解する
  • 2)雑談力を身に付ける
  • 3)ラポールのスキルを習得する
  • 4)雑談力トレーニング(演習)
講義
演習
ロープレ

5.顧客の興味を高める動機付けのスキルを身に付ける

  • 1)顧客が商談に興味を持ってしまうようになる動機付け効果を理解する
  • 2)動機づけスキルを習得する
  • 3)自社の商品やサービスに興味が沸くようになる動機付けトークを作成する(演習)
講義
演習

6.営業マナーとアプローチ手法の実践演習

  • 1)顧客と初対面の際の名刺交換からラポール、動機付けまでのプロセスをロールプレイで実践してみる
演習
ロープレ

7.本日の研修の振り返り

  • 1)まとめ
  • 2)質疑応答
  • 3)アンケート記入
振り返り

受講者の声

  • ・なんとなく、見よう見まねでやっていた接客のマナーですが、今回、正しいマナーの知識を得ることが出来たため、自信を持って、堂々とお客様対応が出来るようになると思います(食品)