S&C.Laboのコーチング研修では、管理職やリーダー、先輩社員がコーチングに必要な5つのスキルを習得し、現場でメンバーの創造性と主体性を引き出し、組織能力を向上させます

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 さくら新宿御苑ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求

メンバーの創造力と主体性を引き出す コーチング研修

目的

変化が激しい時代において、企業が求めているのは「自ら考え、動く人材」であり、そんな社員こそが環境変化にスピーディーに対応できる企業をつくります。

上司や先輩がコーチングスキルを習得し、日々のコミュニケーションで活用することで部下や後輩の創造性と主体性を引き出すことが可能です。そして部下や後輩は仕事に対し、高い意欲とやりがい、成長感を得て毎日の仕事が楽しくなっていきます。

この研修では、管理職やリーダー、先輩社員がコーチングに必要な5つのスキルを習得し、現場でメンバーの創造性と主体性を引き出し、組織能力を向上させていくことを狙いとしています。

対象者

  • ・リーダークラスの方
  • ・管理職の方
  • ・後輩の指導を担当されている方

受講される方・研修担当者様が抱える課題

  • ・上司からの指示待ちの社員が多い。社員には若手であっても主体性を発揮して欲しい
  • ・社員に活発な言動がみられない。もっとやりがいを持って仕事に取り組んで欲しい
  • ・一方的に指示をしている管理職が多い。もっとメンバーの話を聴く姿勢を身に付けさせたい

研修のポイント

  • ・多くの様々なロールプレイを演習で取り入れ、実践的なコーチングを習得できます
  • ・即、使えるメンバーとのコーチング面談手法もお教えいたします

研修プログラム例

内容 手法

1.コミュニケーションの構造と難しさ

  • 1)コミュニケーションの構造と留意点について
  • 2)コミュニケーションを阻害する要素(言語・非言語)
  • 3)メラビアン法則を理解し、活用する
講義

2.効果的なメンバーとの対峙方法

  • 1)相手を受容する
  • 2)相手の立場に立つ
  • 3)意見が一致しないときの基本的アプローチ方法
講義

3.コーチングスキルを学ぶ

  • 1)ビジネスにおけるコーチングの重要性
  • 2)コーチングの目的と仕組み
  • 3)コーチングを行うことで生まれる5つのメリット
    ①社員の主体性が高まる
    ②社員と組織のパフォーマンスが向上する
    ③組織力が向上する
    ④社員の考える力が高まる
    ⑤上司と部下、そして同僚同士の信頼関係が強化される
  • 4)コーチに求められるもの
    ①コーチングマインド
    ②5つのコーチングスキル
    ③コーチが理解しておくべき8つの心得
講義

4.相手にどんどん話をさせる「傾聴力」を高める

  • 1)アクティブリスニング(積極的傾聴のスキル)を習得する
  • 2)フィードバックするスキル(要約する、言い換える)を習得する
  • 3)演習(傾聴力トレーニング:ロールプレイング)
講義
演習
ロープレ

5.相手の本音を引き出し、気付きを生み出す「質問力」を
身に付ける

  • 1)相手に考えさせる拡大質問(オープンクエスチョン)
  • 2)相手のワクワク感を生む未来質問
  • 3)質問で相手の気付きを生み出すメカニズム(オートクライン)について
  • 4)演習(拡大質問トレーニング:個人ワーク)
講義
演習

6.メンバーをやる気にさせるコーチング面談の手法

  • 1)メンバーを認知・承認する
  • 2)やる気を生み出す面談手法、GROWモデルについて
  • 3)コーチング面談の演習(ロールプレイング)
  • 4)面談で発生しがちな問題について
  • 5)コーチング面談を成功させるためのポイント
講義
演習
ロープレ

7.本日の研修の振り返り

  • 1)まとめ
  • 2)質疑応答
  • 3)アンケート記入
振り返り

受講者の声

  • ・コーチングには以前から興味がありましたが今回の研修でその魅力が理解できました。メンバーのやる気を促すだけでなく、自分自身にも問いかけることで仕事に加速度をつけることが可能に思えます(広告)
  • ・お客様との商談にもしっかり使えるスキルだと思いました。お客様の本音を引き出すのにとても有効だと考えますので、質問の技術をもっと磨いていこうと思います(美容機器メーカー)