S&C.Labo(エス・シー・ラボ)は営業スキルUP・チームマネジメント・リーダーシップ・コミュニケーション・キャリアカウンセラー養成の研修・セミナーを行っております

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 大台ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求

怒りについての4つの誤解 わかりやすいアンガーマネジメント講座 第14回

わかりやすい、すぐに使えるコミュニケーション・スキル、実践的な営業スキルを中心に企業研修を行っている研修講師、そして、一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会認定 アンガーマネジメント・ファシリテーターの田中和義です。

今回は怒りについてまとめてみます。

怒ること、イライラすることに罪悪感を感じたり、恥ずかしいと思っている人が多いです。

怒りはただの感情で、人にとって自然なものなので、恥ずかしく思う必要はありません。

このように怒りは誤ってとらえられていることが多いようです。

怒りに関する主な4つの誤解を書いてみます。

まず、

① 「怒りは悪」

そう思うようにしつけられてきた人が多いようです。

② 「怒ればなんとかなる」

力づくで、なんとかできるという思い込み。しかし、怒りをストレートに表現すれば、状況がさらに悪くなることのほうが多いです。

③ 「怒りは吐き出せばよい」

怒りは強いエネルギーを持つため、相手を傷つけ、自分を傷つけます。怒りの感情は上手に扱って、抑制したり、相手に伝わるように表現しなければいけません。怒りを吐き出して怒りの渦中に自分を置く必要はありません。

④ 「怒りは制御できない」

怒りは自分でコントロール可能です。そのためにアンガーマネジメントがあります。怒りは制御できないと考える人は、自分の怒りをコントロールすることを放棄しているという人です。人間関係を壊し、自分自身もストレスを貯めてしまうリスクのある考え方です。

 

 

 

 

このように怒りという感情は知っているが、理解していないという人が多いようです。

理解することで、怒りの感情を上手に扱えるようになります。

次回もまた怒りに関して知っておくべきことを書いてみたく思います。

 

大阪・京都・兵庫・滋賀で社員研修・社員教育・セミナー・講演、そして、アンガーマネジメントセミナー・講演・研修のご用命ならぜひお問合せください

 ➡ http://sc-laboratory.com/inquiry.html