S&C.Labo(エス・シー・ラボ)は営業スキルUP・チームマネジメント・リーダーシップ・コミュニケーション・キャリアカウンセラー養成の研修・セミナーを行っております

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで
S&C.Laboお問合せページへ資料請求

怒りをコントロールすること、とは? わかりやすいアンガーマネジメント講座第19回

わかりやすい、すぐに使えるコミュニケーション・スキル、実践的な営業スキルを中心に企業研修を行っている研修講師、そして、一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会認定 アンガーマネジメント・ファシリテーターの田中和義です。

怒りをコントロールすることについて考えてみます。

怒りは人が持つ自然な感情ですので、怒ることは良くない事ではありません。人は怒って当たり前。

良くないのは、私たちが怒りの感情に振り回されてしまうことです。

どうでもいいことにカッとなって怒って、人間関係を壊したり、

怒っても仕方ないことにいつまでも引きずられて、ずっとイライラ機嫌が悪かったり、怒りにはそんなマイナス面があります。

怒りを上手に扱うことで、怒りのマイナス面を減らしていく。こういうことを怒りのコントロールする、といいます。

例えば、車の渋滞はどんなにあなたが祈っても解消はされません。この渋滞のように祈っても変わらないものに対して、ずっとイライライライラし続けてしまう。全く無意味ですね。精神的に不健康な状態を継続してしまいます。

渋滞に対して、「なんとかならないか」と祈り続けてイライラを続けるよりも、現実的な対処法としては、渋滞に怒っても仕方が無いと考え、お気に入りのCDを車に積んでおいて流すとか、歌を歌うとかして、自分にとって楽しい時間をつくるほうがよっぽど健全で、現実的なわけです。

これが怒りのコントロールです。

 

他にも、例えば、「部下は変えられる」と思い込んで、それでも変わってくれない部下に対してイライラするよりも、部下をいつまでに、どのような手段で、どの程度変えていくと計画を立てて、実行をしていけば、イライラすることもないわけです。これも怒りの感情を起こさないコントロールと言えます。

今回は怒りのコントロールについて書いてみました。

 

大阪・京都・兵庫・滋賀で社員研修・社員教育・セミナー・講演、そして、アンガーマネジメントセミナー・講演・研修のご用命ならぜひお問合せください

http://sc-laboratory.com/seminar_angermanagement.html