S&C.Laboのリーダーシップ研修では、リーダーシップ理論と講師の豊富な事例で、組織リーダーに求められるリーダーシップを知り、すぐに実践できる指導を行います

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 さくら新宿御苑ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求

巻き込み力を発揮して、組織を目標達成へ引っ張っていく リーダーシップ研修

目的

  • ・リーダーシップについて正しく理解し、人を動かすための考え方、スキル、人材育成、信頼関係構築の方法を習得し、実践できるようにする
  • ・組織の安定期、変革期それぞれによって取るべきリーダーシップのあり方について理解する
  • ・課題解決に向け、PDCAサイクルを回すマネジメント手法を理解する

対象者

  • ・リーダー以上の管理職の方
  • ・次期リーダー候補者

受講される方・研修担当者様が抱える課題

  • ・マネージャーに昇格し、初めて部下を持ったが、引っ張っていけるかどうか自信がない
  • ・メンバーに厳しく指導することができないが、自分はリーダーとして大丈夫だろうか
  • ・今までは自分ひとりのことばかりやってきたが、これからは組織を動かす能力を身に付けたい

研修のポイント

  • ・リーダーシップ理論と講師が経験してきた豊富な事例で、組織リーダーに求められるリーダーシップについてわかりやすく講義を行います
  • ・リーダーが備えるべきコミュニケーションスキルについては演習を取り入れ、すぐに実践できるように指導いたします
  • ・リーダーシップについてグループワークでしっかり考え、議論できる演習を行います

研修プログラム例

内容 手法

1.リーダーシップとは何か

  • 1)リーダーシップを発揮できる条件
    ①納得性 ②ついていきたいリーダー ③メッセージの伝え方
    ④良いリーダー、残念なリーダー
  • 2)演習(グループワーク)
    「リーダーとして期待されていることは何か」グループで議論し、代表者が発表する
講義
演習

2.メンバーを動かす

  • 1)メンバーを動かすリーダーの影響力3つのポイント
  • 2)メンバーの主体性を引き出すポイント
講義

3.信頼関係を築く

  • 1)傾聴力と質問力を発揮する
  • 2)演習(ロールプレイング:傾聴力トレーニング)
  • 3)演習(個人ワーク:質問力トレーニング)
  • 4)信頼関係を構築するための4つの要素
  • 5)信頼関係を構築するためのコミュニケーション手法
講義
演習

4.リーダーシップのスタイル

  • 1)PM理論
  • 2)状況に応じて適切なスタイルをとる(安定期・変革期)
講義

5.メンバーを育成する

  • 1)人材育成の「型」を理解する
  • 2)学習する組織を作るための情報共有のノウハウ
  • 3)メンバーへの効果的な動機づけ手法
  • 4)「ほめる」と「叱る」を使いこなす
講義

6.リーダーが備えるべき「PDCA」仕事遂行力

  • 1)計画(具体的目標と行動の設定手法)
  • 2)実行(計画を主体的に、正確・スピーディーに実行するポイント)
  • 3)評価(結果の評価と原因追求の手法)
  • 4)改善(改善→実行のポイント)
講義
演習

7.演習(ケーススタディ)

  • 1)講師より配布されたケースを読み、グループでディスカッションする
  • 2)質問事項に対する回答を作成し、グループ代表者が発表する
演習

8.本日の研修の振り返り

  • 1)まとめ
  • 2)質疑応答
  • 3)アンケート記入
振り返り

受講者の声

  • ・組織の置かれた状況や環境変化にどのように対応するかによって求められるリーダーシップは異なることが理解できました。メンバーに対する観察眼もしっかり鍛えなければ!(食品)
  • ・仕事を前に進めて、目標を達成するためのPDCAかよく理解できました。日々の業務にしっかり活かしていきます(広告)