S&C.Laboのロジカルシンキング研修では、誰からも「明確でわかりやすい」と言われる論理的思考、物事をフレームワークで整理することができ体系的に考える力が身に付きます

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 さくら新宿御苑ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求

誰からも「わかりやすい」と言われるための考え方とスキルを学ぶ
ロジカルシンキング研修

対象者

  • ・新入社員やビジネスキャリアの浅い方
  • ・管理職になってまだキャリアが浅い方
  • ・論理的思考力を今よりも高めたい方
  • ・多くの人の前で説得力のある話ができるようになりたい方

受講される方・研修担当者様が抱える課題

  • ・話が「わかりにくい」と言われる。分かりやすく筋の通った話ができるようになりたい
  • ・相手を納得させるシナリオを作れるようになりたい
  • ・問題に対して場当たり的な対応しかできず、根本的な問題解決ができていない

研修のポイント

  • ・誰からも「明確でわかりやすい」と言われる論理的思考、つまり筋道が立っており、内容が明瞭で相手に伝わる考え方を学びます
  • ・ロジカルシンキングの必要性と使い方を理解し、ロジカルシンキングの主な4つの考え方を実践できるように、講義と演習を通じて、習得していただける内容となっています
  • ・物事をフレームワークで整理することができ、体系的に考える力を身に付けていただけます

研修プログラム例

内容 手法

1.論理的に考える

  • 1)なぜ論理的に考えることが必要なのか
  • 2)論理的な人の特徴と、論理的でない人の特徴
  • 3)論理的(ロジカル)とは
    • ・筋道を立てて考えること
    • ・主張(結論)と根拠(前提)が明確につながっていること
  • 4)まずは全体をみる
  • 5)物事を構造化する
講義
演習

2.ロジカルシンキングの代表的な3つの考え方(1)
「演繹法と帰納法」

  • 1)演繹法とは。演繹法の事例と留意点
  • 2)帰納法とは。帰納法の事例と留意点
  • 3)演繹法と帰納法の関係
  • 4)演習(個人ワーク&グループワーク)
講義
演習

3.ロジカルシンキングの代表的な3つの考え方(2)
具体的な原因や施策を追求できる「ロジックツリー」

  • 1)ロジックツリーの3つのパターン(原因追求型、方法追究型、要素分解型)
  • 2)ロジックツリーの作成方法
  • 3)演習(個人ワーク&グループワーク)
  • 4)要素分解の技術、MECEについて
  • 5)ロジックツリーを問題解決に活かす(演習 グループワーク)
講義
演習

4.ロジカルシンキングの代表的な3つの考え方(3)
複数の根拠から1つの結論を裏付ける
「ピラミッドストラクチャー」

  • 1)ピラミッドストラクチャーとは
  • 2)ピラミッドストラクチャーの作成方法
  • 3)ピラミッドストラクチャーとロジックツリーの違い
  • 4)演習(個人ワーク&グループワーク)
講義
演習

5.フレームワークの活用

  • 1)フレームワークとは
  • 2)フレームワークの活用
    ①SWOT分析(戦略検討のための分析ツール)
    ②3C分析(市場、競合、自社の3つの視点から業界環境を分析するツール)
    ③4P(マーケティングの4つの打ち手の組み合わせによる戦略立案ツール)
    ④マトリクス(情報の整理や分析のためのツール)
  • 3)演習(個人ワーク&グループワーク)
講義
演習

6.本日の研修の振り返り

  • 1)まとめ
  • 2)質疑応答
  • 3)アンケート記入
振り返り

受講者の声

  • ・一生懸命喋れば喋るほど、話がわかりづらいと先輩に言われて悩んでいました。ロジカルシンキングを学んで、相手にわかりやすく論理的に伝える方法をつかめたので、伝え方を改善していけることと思います(人材斡旋)
  • ・フレームワークの意味や使い方がやっと理解できました。これは企画を考えるときに使えると思います。やってみます!(生命保険)