S&C.Labo(エス・シー・ラボ)のアンガーマネジメント研修では、職場における人間関係のストレスを減らし、元気で活性化した職場をつくります

S&C.Laboの問い合わせはTEL09069177917まで

【東京】新宿区新宿1-9-5 大台ビル7F

【大阪】大阪市北区梅田1-3-1-1000号
    大阪駅前第1ビル10F

【滋賀】滋賀県草津市矢橋町550-97

S&C.Laboお問合せページへ資料請求
 

対象

全社員(新入社員~管理職)

 

目的

職場における人間関係のストレスを減らし、元気で活性化した職場をつくります

人間関係のストレスに悩まされている社員が増えています。このストレスが社員の早期離職やメンタル不全の大きな原因となっています。このアンガーマネジメント(感情コントロールの技術)研修では、各々の社員が、職場のストレスについて理解し、感情のコントロール手法を学び、そして職場で使いこなせるようになることで、職場内での不要な軋轢や衝突を避けることが出来るようになり、円滑なコミュニケーションが取れるようになることを目的としています。

米国では一般に広く知れ渡っている、「怒りの感情と上手に付き合うための」アンガーマネジメントという心理技術を学ぶことによって、人の感情の中でも、ひときわ影響力の強い、怒りの感情を、社員が自分自身で抑制できるようになります。また、怒りの感情を客観視できるようになるため、イライラすることも少なくなり、自分自身のストレスも減らすことが出来るようになります。

<怒りの感情をコントロールできないとこんな問題が起きます>

  • ●周囲の人と衝突を引き起こす
  • ●上司が怒りっぽいと、職場の雰囲気が悪くなる
  • ●怒りの感情に支配されて、判断力を失い、業務が非効率になる
  • ●感情的な人物とみなされ、信頼を得られない
  • ●ハラスメントのリスクがある
  • ●ストレスが高まり、病気になることもある
  • ●社員が退職したり、メンタル不全になるリスクがある
 

効果

  • ●怒りのメカニズム、そして自分のパターンを理解できる
  • ●感情のコントロールにより、衝動的に怒ることを抑えられる
  • ●怒りの感情の源である考え方や価値観を見直し、改善できる
  • ●部下や後輩に対し、適切な指導が出来るようになる

これらの効果により、組織内の人間関係を良好にし、円滑なコミュニケーションがいきわたる組織運営を可能にして、組織力&生産性の向上につなげます。 職場の人間関係の改善はもちろん、顧客との良好な関係構築にも効果的な研修です。
※アンガーマネジメントは90分、120分のセミナー形式でも、半日~1日の研修方式でも、どちらでも、貴社のご予算と時間にあわせて実施することが可能です。お気軽にご相談ください。
※半日~1日の研修ではアンガーマネジメントの手法だけでなく、活気のある職場にするためのコミュニケーションの理論と手法についても学べます。

セミナー 所要時間

90~120分間

内容

【1】怒りの感情を理解する

  • 1)アンガーマネジメントとは何か?
  • 2)怒りの感情のメカニズムを知る
    • ①怒りの問題点
    • ②怒りの点数化
    • ③怒りの性質
  • 3)心の許容度を上げるために、短期的な対処術と長期的な体質改善を学ぶ

【2】感情コントロールの3つのテクニック

  • 1)衝動のコントロール
    • ①衝動で怒らないで済むテクニック
    • ②体験ワーク
  • 2)思考のコントロール
    • ①組織内の怒りの境界線を明確にする
      気にしないこと~怒るまでの境界線レベルについて考える
    • ②体験ワーク
  • 3)行動のコントロール
    • ①怒る対象とそうでない対象を仕訳するために考える
    • ②体験ワーク

【3】部下や後輩をイキイキさせるための指導手法について

  • 1)「注意する」、「叱る」と「怒る」の違いを押さえる
  • 2)効果的な指導方法

【4】ケーススタディで知る、現場で使えるアンガーマネジメントのテクニック


企業研修 所要時間

3~6時間

内容

【1】オリエンテーション

  • 1)アンガーマネジメント(感情コントロールの技術)研修の目的とゴールについて
  • 2)講師&受講生の自己紹介

【2】職場に必要な2種類のコミュニケーションについて

  • 1)組織内で発生するストレスについて知る
  • 2)ストレスを減らし組織を活性化させる感情重視型コミュニケーションについて
    • ①社員が元気に前へ進めるコミュニケーションについて
    • ②感情重視型コミュニケーションを実践しよう(ロールプレイング)
  • 3)目標を達成させるための数字・事実重視型コミュニケーションについて
    • ①正確で合理的な報連相について
    • ②合理的な指示・指導ができるために
    • ③事実重視型コミュニケーションを実践しよう(ロールプレイング)

【3】怒りの感情を理解する

  • 1)アンガーマネジメントとは何か?
  • 2)怒りの感情のメカニズムを知る
    • ①怒りの問題点
    • ②怒りの自己診断(演習)
    • ③怒りのコントロール
  • 3)心の許容度を上げるために、短期的な対処術と長期的な体質改善を学ぶ

【4】感情コントロールの技術について

  • 1)衝動のコントロール
    • ・衝動で怒らないで済む技術を体験する
  • 2)思考のコントロール
    • ・組織内の怒りの境界線を明確にする
      (「気にしない~怒る」までの境界線レベルについてグループで議論する)
  • 3)行動のコントロール
    • ・怒る対象とそうでない対象を仕訳するためにグループで議論する
  •   

【5】部下や後輩をイキイキさせるための指導手法について

  • 1)「注意する」、「叱る」と「怒る」の違いを押さえる
  • 2)効果的な指導方法

【6】ケーススタディで知る、現場で使えるアンガーマネジメントのテクニック

【7】私が目指す姿について

  • 1)各自、プレゼンテーションを行う。「私が目指す姿と、そのために踏み出す一歩」について
  • 2)プレゼンテーションに対する講評
  •   

【8】研修の振り返り、質疑応答

研修・セミナー一覧のページへ